税理士が、会計事務所・税理士事務所の就職のお悩み・質問に本気で答える!

税理士事務所 就職相談室

大学院免除の注意点、経理派遣?正社員?危険な事務所の見分け方・・・
税理士試験との両立、税理士業界未経験 etc こんなはずではなかった!となる前に。
税理士志望者、会計事務所就職希望者のための、情報満載!就職サポートサイト

不採用が続いた場合の対処法~税理士試験受験専念の危険

  • 年齢34歳、男、科目合格3科目(簿財法)
    会計事務所経験なし、受験勉強のため7年ブランク
    3社不採用の後今現在は地方のため既に応募した事務所以外は求人なし
    かなり厳しい状況だと思います。
    求人がないこともありどうしていいか全くわからない状態です。
    何かいいアドバイスがあればお願いします。

 

何かいいアドバイスですか…?

正直、困りました。

7年の受験専念は残念ながら長すぎます。

「どのくらい勉強が進んでから入所すべきですか?」参照)

7年専念してもいいと考えてしまったこと自体

バランス感覚に問題があるという評価になるはずです。

 

おそらく、うちでもこの条件だと

書類審査を通らないと思います。

中堅以上の事務所では難しいと思います。

 

求人票が出ているレベルのしっかりした事務所に

求職者との相対比較で入所することは容易でないでしょう。

 

いったんプライドを捨ててまずは零細事務所に就職して、

合わなければ2~3年後に転職するのが良いでしょう。

方法はこちらのページの後段を参考にしてください。

あきらめずに会計事務所に就職する方法

 

不幸にしてあまり良い事務所でなかった場合何とか1~2か所で2~3年の実務経験を積みましょう。

そうすれば立派な実務経験者です。

仕事もある程度できるようになってるし、業界を見る目も養われています。

その段階で、より良い事務所に転職することは可能です。

 

厳しい言い方になってすみません。

 

現在、受験に専念している人にあえて言うとしたら「税理士試験は難関です。

それでも長すぎる受験専念期間は危険です。」

 

[`livedoor` not found]

税理士 高橋寿克

この記事に関するコメント

この記事に対するコメントはありません

コメント投稿フォーム

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは管理人の承認後反映されます

就職相談室 記事一覧