税理士が、会計事務所・税理士事務所の就職のお悩み・質問に本気で答える!

税理士事務所 就職相談室

大学院免除の注意点、経理派遣?正社員?危険な事務所の見分け方・・・
税理士試験との両立、税理士業界未経験 etc こんなはずではなかった!となる前に。
税理士志望者、会計事務所就職希望者のための、情報満載!就職サポートサイト

どのくらい勉強が進んでから入所すべきですか?

①早めの合格を考えると

事務所に入る前に2科目か3科目程度 合格レベルにしておいた方が良いでしょう。 特に法人税を本気で受験しておくことを勧めます。 法人税法は合格のための最難関ですし、合格してなくとも就職活動で有利になります。 まとまった勉強時間は就職後は確保しにくくなります。 ただし、受験専念期間は最大で3年くらいでしょう。 それ以上長いと、就職も困難になりますしキャリア形成上マイナスです。

 

②全科目合格してから働く方法

BIG4等の極端にきつい事務所以外はお勧めしません。 適性のない30代の「有資格者」をだいぶ見てきました。 採用されることも少ないでしょうし、人生のやり直しはできなくなっています。 試験の合格はゴールではありません。 2年間の実務経験がないと税理士になれません。 5年以上税理士受験に専念するのはやめましょう。

 

③税理士になるつもりはない方

働くことが目的の場合、早目に就職しましょう。 給与水準が必ずしも高くない税理士事務所に税理士にならずに勤務する意味は男性には、あまりないかもしれません。 なお、女性の場合、会計事務所は営業ノルマも、急な対応も少なく時間も比較的融通が利きます。 家庭と仕事の両立がしやすい職場です。 他の業界出身の方でも出産後の再就職に向いています。

[`livedoor` not found]

税理士 高橋寿克

この記事に関するコメント

この記事に対するコメントはありません

コメント投稿フォーム

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは管理人の承認後反映されます

初めての就職・転職 記事一覧