税理士が、会計事務所・税理士事務所の就職のお悩み・質問に本気で答える!

税理士事務所 就職相談室

大学院免除の注意点、経理派遣?正社員?危険な事務所の見分け方・・・
税理士試験との両立、税理士業界未経験 etc こんなはずではなかった!となる前に。
税理士志望者、会計事務所就職希望者のための、情報満載!就職サポートサイト

相続税法の攻略法

こんにちは、横浜本部長の中薗です。

 

今回は、人気の主要科目である相続税法の攻略法を書いていきたいと思います。

 

近年、相続税を重税させる、下の世代に早く引き継がせるという動きがあり、相続税法も改正が激しい論点でもあります。

お金を持っており、溜め込む世代から、いかにお金を還流させるか、国は試行錯誤しています。

 

このように注目される相続税法。比較的税理士試験でも3科目持ち、4科目持ちなど、ある程度試験が進んでいる人が受けているイメージです。

(私も3科目持ちで相続税法を受験しました)

試験が進んでいる方が多いので受験生の本気度が高く、登竜門的な簿記論等に比べて実質的な競争率も高いです。

 

そんな中、私が徹底していたことは体系的に相続税法を把握する、ということです。

まあ当然といえば当然ですが。。。

他の科目に比べて適用がある場合、ない場合がよりはっきりしていると感じており、それを間違えてしまいますとまず落ちます。

理論も柱あげを間違えると命取りですし。。。

幸いなことに私が受けた講義の先生が体系的に相続税法をまとめた資料を独自に作っていたのでそれを基に勉強をしていたら、見事合格しました。

 

うーん、あとは、実際の家族を想像することも問題を理解しやすいかもしれませんね。 でも人がすぐに亡くなったり、離婚したり、愛人がいたりと家庭環境が複雑で自分の家族に当てはめたくはないですけれど。。

 

相続税法は納税対象者が拡大し、税理士の活躍の場が増加傾向にあると注目を浴びている科目です。受験される方は是非頑張ってくださいね!

 

[`livedoor` not found]

TOTALスタッフ

この記事に関するコメント

この記事に対するコメントはありません

コメント投稿フォーム

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは管理人の承認後反映されます

合格体験記 記事一覧