税理士が、会計事務所・税理士事務所の就職のお悩み・質問に本気で答える!

税理士事務所 就職相談室

大学院免除の注意点、経理派遣?正社員?危険な事務所の見分け方・・・
税理士試験との両立、税理士業界未経験 etc こんなはずではなかった!となる前に。
税理士志望者、会計事務所就職希望者のための、情報満載!就職サポートサイト

人手不足は深刻 有効求人倍率1.24倍

税理士事務所就職相談室の税理士 高橋寿克です。

 

 

新規のご質問はここをクリック してください。

 

人手不足は深刻です。

9月の有効求人倍率は1.24倍(厚生労働省)で、23年8カ月ぶりの高水準だそうです。
1992年1月といえば、バブルの終わり頃です。

それよりすごいのが都道府県別でぶっちぎり1位の東京都で1.83倍です。これは、高度経済成長直後の1974年以来の数字です(巨人のV9が終わって長嶋茂雄が引退した年です)。

さすがに、人がいないわけですね。

 

 

お客様からも、最近では採用の相談をお受けすることが増えました。
建設中心だった人不足感が、サービス業にいっぺんに波及してきています。
特に、医療福祉関係は不足感が強いです。

9月の完全失業率は3.4%(総務省)とかなり低い水準です。
失業率3%台は、「完全雇用」と呼ばれ、この水準以下になると雇用の質が下がると懸念されています。
東京都内の飲食業の人不足を見ると、すでに質の低下は始まっているような気がします。

 

 

税理士事務所・税理士法人の経営者の間でも、雇用の質の低下が問題になっています。
税理士試験受験生の減少、税理士事務所経験者の一般企業経理への転職、
人手不足のため、大手税理士法人ではBIG4も含めて超過労働がひどくなっており、疲労感・閉塞感は強まっています。
大手会計事務所も、従来は、税理士試験3科目持ち以上でないとエントリーできなかったのが、
最近では、公式には2科目以上、実際には1科目でも採用される人も出ています。

逆に言うと、このサイトをご覧になっていただいているのは、就職・転職希望者の方が多いでしょうから、当分はかなり有利な売り手市場が続きます。

 

 

税理士法人TOTALも、成長を続けていることもあり、ご多分にもれず人が不足しています。
新卒の採用が比較的順調だったことから、20代前半の新卒・第2新卒の採用を進めています。
税理士試験を受験しない方を中心に、ポテンシャル採用で一般事務職としても採用します(現時点では船橋、東京、横浜中心で徐々に広げようと思います)
採用枠を広げて、入社後の教育を充実させようという試みです。
また、パート・受験スタッフは週3日18時間以上の方に条件を緩和しました。

 

税理士試験受験生については、今夏は、TACの就職説明会に参加したので、
冬は、大原簿記専門学校の就職説明会に参加することになりました。
(追加申し込みは間に合いました)

 

ご興味がある方は、ご連絡いただけると幸いです。
ご応募お待ちしています。

 

 

今回は単純に税理士法人TOTALの採用広告でした <m(__)m>

 

 

 

新規のご質問はここをクリック してください。

インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。 ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。

過去の質問」はこちらです。


税理士 高橋寿克

この記事に関するコメント

この記事に対するコメントはありません

コメント投稿フォーム

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは管理人の承認後反映されます

税理士法人TOTAL 採用情報 記事一覧