税理士が、会計事務所・税理士事務所の就職のお悩み・質問に本気で答える!

税理士事務所 就職相談室

大学院免除の注意点、経理派遣?正社員?危険な事務所の見分け方・・・
税理士試験との両立、税理士業界未経験 etc こんなはずではなかった!となる前に。
税理士志望者、会計事務所就職希望者のための、情報満載!就職サポートサイト

其弐 法律・会計の大学院を卒業

税理士の資格を取得するための試験では、5科目の試験科目に合格することで、資格を取得できます。しかし、大学院で、会計や財政などの勉強をして、学位を取得した人は、5科目全部に合格する必要はありません。一部の科目が免除されるのです。

 

以前は、2つの大学院へ行くことにより、税理士試験の5科目がすべて免除になることも可能でした。ですから、難関と言われている税理士試験から逃れるため、大学院へ進む人もいました。

 

このような方法で、税理士になることが出来る制度ができた理由として、偏ったタイプの税理士ばかりではなく、異なったタイプの税理士も必要だと考えられたからです。

 

しかし、2つの大学院へ行くことにより試験免除になった人と税理士試験で5科目受験を行なった人とでは、税務に関する知識の差が生じてきました。そこで、平成14年4月 1日以降の入学者については、少なくとも2科目に合格しなければならないと改正されました。

 

大学院で勉強を行なって、試験免除を受けて税理士となった人は、大学院において理論を中心に勉強してきていますので、節税対策や税務調査には、比較的高い知識があるようです。

 

しかし、会計に関しては、やはり試験免除を受けなかった人たちには、劣ってしまいます。また、大学院のときに専攻していない分野や、税理士試験でも受験しなかった分野に関しては、弱くなってしまいます。

 

 


税理士 高橋寿克

この記事に関するコメント

この記事に対するコメントはありません

コメント投稿フォーム

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは管理人の承認後反映されます

税理士になる方法 記事一覧